• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイトルが思いつきません。
2006年06月22日 (木) | 編集 |
20日放送のクローズアップ現代、見ました。
無茶な繁殖によって遺伝的な疾患をもつ犬が増えている・・・という内容です。
珍しい毛色が売れるから、流行の犬種だから、その結果の病気で苦しむのは繁殖した人じゃないんですよね。
結局、遺伝病が発生しても、それ以上食い止める手段がないのが現状ですよね。ブリーダーさんと連絡の取れる飼い主さんはどのくらいいるのでしょう?
連絡が取れたとして、一見健康に見える近親のわんちゃんすべてに繁殖しないでって言えるでしょうか?
動物愛護法が改正されても実効性は?

リンにも遺伝病の疑いのある眼疾患があります。
将来、視力を失うかもしれません。
血統書のないリンの両親を追跡する術はないですし、またあったとしても信頼できるかどうかもわからないのです。
リンの両親は今も子供を産んでいるかもしれません。
・・・今は冷静に書くことが難しいのでここまで。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。